女主人公ゲーム中心プレイ日記&レビューぶろぐ

PSP・PS2・PSアーカイブスをメインに、PCのフリーソフトや3DSソフトに至るまで個人的に面白かったゲームを紹介するブログです。プレイ日記もあり。女主人公ものが好きなので、女主人公ゲーム中心に紹介していきたい。

『三国恋戦記』ネタばれナシレビュー。乙女ゲーム紹介

 
今なら安価で手軽に買えて、サクッと萌えられるPSPの乙女ゲームを紹介します。
 
今回は『三国恋戦記』。
 
乙女ゲームではかなり有名なので、知っている人も多いと思いますが、ネタバレなし+個人的な雑感を交えつつレビューします。
 
オススメ度はかなり高いです。初心者乙女ならこれ買ってみて!なレベルです。

『三国恋戦記』について

【概要】
女性向けアドベンチャーゲーム。
ミニゲームなどはなく、選択肢を選んで読み進めていくタイプのゲームです。
 
糖度についてですが、キスまでです。
 
元はPCで発売され、PC→PS2→PSP→PC→PSVitaと移植が繰り返されています。
 
私はPSPとPCの新装版を持っていますが、新装版は立ち絵が追加された程度なので、PSP版で十分かと思います。
 
攻略対象は9人+隠し1人で10人。
誰か1人くらいは好みに合うキャラがいるんじゃないかなーと思います。
 
三国志をテーマにした乙女ゲームですが、特に三国志を知らなくても楽しめます。
 
主人公は癖のないいい子ですが、三国志という時代においてあまり人が死んでほしくない、犠牲を出したくないという考えなので、鼻につく人もいるかもしれません。
私は特に引っかかることなく進めていけました。
 
人数が多いのでボリュームはかなりありますが、その分1人に割かれる厚みは薄いかもしれません。
攻略対象によって全く違う展開ではなく、大筋となる部分が似通っています。
 
それを差し引いても、PSP版、PC新装版と2回フルコンプするくらいには楽しめましたし、今でも起動してプレイし直しています。
 
乙女ゲーム初心者の方にオススメです。

プレイした感想など

個人的殿堂入りの乙女ゲームです。
主人公は嫌味がなくていい子だし、攻略キャラはみんな魅力的だし、シナリオはツボを押さえています。
声優さんには詳しくないのですが、みんな声が合っていると思いました。
 
大筋の展開が一緒ではありますが、キャラによって反応も対策もその後の展開も違うので、私は金太郎飴には感じませんでした。
 
基本的に私はネガティブな主人公が好きなので、主人公の程よいネガティブ具合はツボでした。恋愛のスパイスになる程度のネガティブです。
 
一部テキストと台詞が違う演出があるので、ボイスをオフにしてしまうともったいないかもしれません。
 
また、このゲームは誰とも恋愛関係にならないノーマルルートがバッドエンドの扱いではなく『1ルート』としてしっかり描写されているので、まずはそこを目指すのがいいかもしれません。
 
メインの三君主のシナリオボリュームに比べると他が少し薄いので、他のキャラが好きだと物足りないかもしれません。
好きになる過程が唐突に思えるキャラもいるかも。
 
とはいえポイントは抑えているので私は楽しめました。

こんな人にオススメ

攻略キャラ多め、素直な主人公、三国志、嫉妬、すれ違いといったワードに惹かれる方にオススメの乙女ゲームです。