女主人公ゲーム中心プレイ日記&レビューぶろぐ

PSP・PS2・PSアーカイブスをメインに、PCのフリーソフトや3DSソフトに至るまで個人的に面白かったゲームを紹介するブログです。プレイ日記もあり。女主人公ものが好きなので、女主人公ゲーム中心に紹介していきたい。

『花咲くまにまに』ネタばれなしレビュー。乙女ゲーム紹介

 
今なら安価で手軽に買えて、サクッと萌えられるPSPの乙女ゲームを紹介します。
 
今回は『花咲くまにまに』。
 
PS3、PSPで発売され、Vitaに移植もされています。
Vitaの追加要素はイベントとCGだったかと思います。
 
個人的にはPSPで楽しめましたが、興味がある方はVitaで購入もありかと思います。

『花咲くまにまに』について

【概要】
女性向けアドベンチャーゲーム。
 
基本的には選択肢を選んで読み進めていくだけですが、パラメータ上げのミニゲームあり。
クリアするとスキップが可能です。
 
糖度についてですが、一部のキャラに一線を越えたことをにおわせる描写があります。他はキスまで。
 
攻略対象は5人、各キャラにノーマル、バッド、ハッピーがあります。
 
個別と共通は1:1くらいでしょうか。ボリュームは結構あったと思います。個別ルートはキャラによって展開が違いますが、一部のキャラ同士は少し被っているかもしれません。
 
幕末をテーマにした乙女ゲームです。
 
現代で女子高生として生きてきた主人公が、江戸時代にトリップして……というありがちかつ王道なお話。
 
攻略キャラもシナリオボリュームもちょうどよく、物足りなさは特に感じませんでしたし、恋愛過程も描写されていたかと思います。
 
そこまでハードな展開もないので、乙女ゲーム初心者の方にオススメです。

プレイした感想など

個人的に殿堂入りの乙女ゲームです。
シナリオボリュームもちょうどいいし、攻略キャラも魅力的です。
 
でも、一人好みが別れそうなキャラがいます。
 
具体的に書くとまあ、ヤンデレなんですが。しかも主人公を好きすぎて病むタイプではなく、元から病んでいる系なので、苦手な人は苦手かも。
 
イラストに関しては、ちょっと崩れてるかな?と思うものもありましたが、おおむね及第点。
はっとするくらい綺麗なものもあって、少しばらけている印象でした。
 
主人公も控えめな性格で、読んでいてひっかかることなく素直に読み進められました。
 
シナリオも恋愛に重点を置いて描かれていて、恋愛を楽しみたい人にはかなりオススメです。
 
逆に恋愛だけではなく、軸となるメインのストーリーがあって、その中で恋愛したいというような人にはオススメできないかもしれません。
 
普段はバッドやノーマルエンドは見ないのですが、このゲームをすごく気に入ったこともあってついつい見てしまいました。
 
悲恋は悲しかったですが、これから何かが始まりそうなエンドもあって、ハッピーエンドより気にったエンドもあってよかったです。

こんな人にオススメ

控えめな主人公、幕末、恋愛重視、パラメータ上げなどのワードに惹かれる方にはオススメの乙女ゲームです。